様々な葬儀形式

綺麗なお墓

どのくらいの費用がかかるのか

葬儀の形式はさまざまあります。一般的な葬儀はご遺体を安置するところから、納棺、通夜、葬儀、火葬といった手順で執り行われます。家族や身内、ご近所の方、勤め先関係の方などが参列する場合、参列者数にもよりますが、費用の相場は180万から200万ほどといわれています。これは、葬儀社に払う費用に加えて、参列者への食事代、お礼代、寺院へ支払う費用などを合わせたものになります。参列者数が増えればその分費用も増えることになります。 最近では、身内や親しい間柄の人だけに参列してもらい、ゆっくりお別れできるスタイルの家族葬が注目されています。家族葬の場合、参列者数も少なくなることから、費用相場は50万円から100万円ほどで抑えることも可能です。

家族葬のメリットとは

家族葬で葬儀を行うメリットは、まずは故人とゆっくりお別れできるという点です。アットホームな雰囲気で執り行われる家族葬は、一般的な葬儀と異なり、あまり付き合いのない方も参列される場合がありますし、参列者の対応に追われバタバタするスケジュールになってしまいます。しめやかに故人を偲ぶことができるというところがおすすめです。 また参列者の人数が少ないと、会場も広くなくて済みますし、参列者に用意するものも少なくなることで費用が安く済むということが挙げられます。 故人の意志で家族葬を執り行う人も増えています。また寿命が延びている高齢化社会において、若い時のような人付き合いがなくなっていることも、こじんまりとした家族葬を選ぶ人が増えている理由となっています。

注目の記事