葬儀を行う手順

キャンドル

故人が家族葬を望むなら

人が人生を終焉した時に儀式として、葬式というものがある。 この葬式とは、いわばその人にとって人生の卒業式と言えるだろう。 その葬式の形式としてはいろいろな方法がある。 密葬、家族葬や社葬など。 その故人が生前どういう葬儀を望むかをまず確認しておくことである。 親しい家族だけで葬儀をあげて欲しいと望むか、会社員や会社役員なら社葬であげて欲しいなど。 まずは故人の遺志が優先だと思う。 家族葬は、その家族だけで葬儀を挙げる方法で、そもそもがどういう形式であってもよいのである。 自分たちだけでやってもよい。 葬儀屋に頼んでもよい。 法律では死体遺棄はできないので、死亡証明書を取り、火葬場の手配さえできれば、火葬場でも葬儀ができるわけで、基本はあとは家族や故人の望む葬儀ができる。 いろいろ知らないことも多いので、葬儀屋に手伝ってもらうのがベストではあるだろう。

葬儀を家族でやるほうがよいこと

家族葬は家族や故人が望む自由な形で葬儀ができる。 もちろんある程度の守らなければならない法律や形式はあるが、望む形態で葬儀ができるのである。 その人や家族の宗教が何であったかも自由だし、故人や家族の望むような形での儀式が出来るところは魅力である。 たとえば、お経よりも音楽を流して欲しいと望むような故人ならお経を読まずに音楽を流すこともできるし、その宗教にこだわらず、故人や家族の希望の形での葬儀ができるのである。 家族葬だと盛大にやることも慎ましくやることも故人や家族の望む形での葬儀ができる。 火葬場を使うことは同じだが、家でもできるし斎場を借りてもでもできる。 洋式でも和式でも基本は自由。 故人や家族が望むならその望む葬儀ができる家族葬がベストである。

注目の記事