葬儀を行う手順

キャンドル

葬儀を行う際は故人の遺志を尊重し、出来る限り要望に沿って葬儀を行うことが重要になります。また家族葬は盛大な葬式を行うことも、慎ましく行うこともできる便利な葬儀法です。

Read More..

家族葬の増加

棺を運ぶ

弔問客の応対などをすることなく、静かに葬儀をとり行うことができるとして家族葬を行う家庭が増えています。また家族葬にはさまざまな種類があり、費用も違ってくるので予算などに合った葬儀法を選ぶことが重要です。

Read More..

様々な葬儀形式

綺麗なお墓

一般的な葬儀を行う際は参列者への食事やお礼代など、多額の費用が必要となるので注意しましょう。また家族葬はしめやかに葬儀を行うことができ、葬儀費用も安く済むことが多いです。

Read More..

亡くなった際の注意点

お寺

仏壇の価格にこだわりを持っています|ふたきや

今後を大きく左右する相続なら弁護士に相談をしませんか?法の観点から様々な提案をしてくれますので、頼り甲斐があります。

賃貸物件で身内が亡くなった場合の注意点

賃貸物件で身内が亡くなった場合、近隣の住民や大家さんとの関係には気をつけなければなりません。一戸建ての住宅であれば、隣近所とはそれぞれが離れていますから、近隣住民が不快感を感じることはありませんが、アパートやマンションの場合には、どうしても不快な思いをするものです。特に、賃貸物件の場合には、次の人に貸すことを考えると、そこで亡くなられるのはイメージダウンを避けられません。病院で亡くなられたのであればいいのですが、室内で亡くなられた場合、しかも、死後数日間がたっている場合などは、死臭も染みつきますし、汚物も部屋を汚します。大家さんや近隣住民のことを考えると、遺品整理と併せて、きれいに片づけてもらうことが必要です。

孤独死による遺品整理の必要性

老人の一人暮らしは年々増加傾向にあり、賃貸物件で身内が亡くなるというケースも増えています。核家族化の進展が主な理由であり、賃貸マンションや賃貸アパートなどに一人で住んている老人も少なくありません。賃貸物件に一人暮らしをしている老人の場合、亡くなった後の遺品整理が心配です。本来であれば、残された遺族が遺品整理を行うことになりますが、賃貸物件の場合には、速やかに退去する必要がありますし、大家さんとの関係にも気を配る必要があります。そのような手続きを遺族が短期間に行うことは大変です。そのため、最近では、業務として遺品整理を行う会社が増えています。10万円前後の費用がかかりますが、限られた時間の中で様々な処理を行ってもらうことで、遺族にとっては、負担が軽減されます。

注目の記事